検索
  • エフティ

F・Tの歴史その2


前回に引き続き、歴史を辿っていきます(^^)/

1月上旬、アチコチ走り回りながらまず目を付けたのが「西粟倉の木」でした。

某U様からの伝手で知り、事務所に最適な材料を集めるべく西粟倉「ニシアワー」へGO!!

ご来店くださった方々はご存知かと思いますが、ニシアワーさん「床張タイル」です。

50㎝×50㎝の正方形で、裏には滑り止めの薄いゴムが貼り付けてあります。

シンプルに置いて並べるだけのもので一切固定はしておりません。またご来店いただいた際にめくって見てみてくださいね。

ちなみに、素材は檜と杉のものをいただきました。総枚数はなんと!!!240枚(*_*;

何日もかけて、夜な夜な店長がオイルステインを塗って乾かし、塗って乾かし・・・・

そして床用ニスを塗って乾かし、塗って乾かし・・・

車屋さんよりも、内装屋さんって日々が続いていました~~~(^_^;)

そして、ベンチとなる木材にカンナをかけたり、丸太の皮を剥いたり・・・・・当分は、何屋さんだったんだろ????(^_^;)

最終は、大工さんにお願いして、キレイに造ってもらいました(^^)v

ご来店の粗品もこの頃にいろいろ悩み、思いついたのが革製のキーホルダー!!

革職人さんの「NATURAL YARD」さん、ご協力ありがとうございました。<m(__)m>

現物は、茶色のほかに緑色のものがあります。緑色のほうはF・Tのロゴイメージで端がカットされてます。

現在もまだ残ってますので、「もらってない!」という方は遠慮なくお申し付けくださいね!

写真は、オープンしてご成約の方に粗品として進呈させていただいた「備前焼」です。本物ですよ。(+o+)

今回はここまで!!F・Tの歴史はまだまだ続きます(^^)v


1回の閲覧

​エフティ

​(フォーチュンタカクラ合同会社)