検索
  • あゆみ

発煙筒と三角停止表示板


お盆も終わり、残暑厳しい日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか??

お盆の連休中、高速道路の電光掲示板を見る機会があったのですが、事故・故障などの情報を割と目にしました。

高速道路で、万が一事故・故障をしてしまった場合、どのように対処したらいいかご存知ですか?

まず、何よりも大切なのは、自分の安全確保と、他車への周知です。

ハザードランプを点灯し、できるだけ広い路肩に車を停めます。

同乗者に降りてもらいガードレールの外へ避難し、発煙筒と三角停止表示板を50メートル以上後方へ設置します。

この時、車からオイルが漏れている場合は、引火する恐れがありますので、発煙筒は使用できません。

発煙筒は、車載が義務付けられており、持っていないと車検にも通りませんので、問題ないのですが、注意しなければいけないのは三角停止表示板です。

車載は義務付けられていませんが、事故・故障したときには設置義務があります!!

使わないに越したことはないのですが、いざ!という時のために必ず車載しておきましょう!


6回の閲覧

​エフティ

​(フォーチュンタカクラ合同会社)